一等無人航空機操縦士はレベル4に対応しているドローン資格

一等無人航空機操縦士はレベル4に対応しているドローン資格

ドローン資格には民間資格と国家資格の2種類があり、国家資格には一等無人航空機操縦士および二等無人航空機操縦士の2種類があります。民間資格は、ドローンスクールに通って卒業のときに試験に合格することでドローン資格を保有できますが、一等もしくは二等無人航空機操縦士は国土交通省認定の登録講習機関を受講する、ここで講習を受けると受験資格が得られて実地試験は免除されるなどの特徴があります。 一等はレベル4に対応しているドローン資格になるのですが、レベル4は有人地帯での目視外飛行が可能で荷物配送などの領域で注目が集まっています。スタジアムでのスポーツ中継や写真・映像制作のための空撮、市街地・山間部・離島などに医薬品や食料品を配送する、災害のときの救助活動や救援物資の輸送、災害状況の確認などさまざまな領域での飛行を実現できます。二等の場合はレベル1から3までの3区分に対応しているドローン資格で、基本的に申請をせずにドローンを飛ばせるなどの特徴を持ちます。

知っておきたいドローン資格の特徴について

ドローン資格とは、ドローンを飛行させるために必要な知識や技能を証明する資格のことです。ドローン資格には、国家資格と民間資格の2種類があります。このうち国家資格とは、国土交通省が発行する「無人航空機操縦者技能証明書」のことで、国土交通省が指定する機関で実施される試験に合格することで取得することが可能です。国家資格は一等無人航空機操縦士と二等無人航空機操縦士との2つに区分されており、取得すると本来は飛行許可・承認申請が必要な飛行についても申請が不要になります。また、一等無人航空機操縦士は人口集中地区などの飛行が規制された領域での飛行ができるようになります。一方の民間資格とは、さまざまなドローンスクールがそれぞれ独自で認定している資格のことです。ここでドローンスクールというのはドローンに関する知識や技能が学べるスクールのことで、全国各地にさまざまな施設があり、その分だけ数多くの種類の資格が存在しています。民間資格を取得するとドローンスクールが発行するライセンスや証明書を得ることができるのですが、国家資格と違って法的な効力はなくドローンの操縦に関する知識や技能を身につけることができるというのが特徴です。