ドローンの国家資格には2種類のドローン資格がある

ドローンの国家資格には2種類のドローン資格がある

国家資格でもあるドローン資格は、一等および二等無人航空機操縦士の2種類があります。両者の大きな違いは4区分に分類されている飛行区分で、一等は全ての区分で飛ばすことが可能ですが二等はレベル1~3までの限定です。レベル1は、目視内での操縦で、地上から目で見える範囲内で飛ばせます。Level-2になると目視内で自動もしくは自律飛行ができる、レベル3は第三者が立ち入る可能性の低い山・海水域・河川・湖沼、森林などの無人地帯での目視外飛行、そして一等のドローン資格だけが許されるレベル4は有人地帯での目視外が可能です。 民間資格の場合は、レベル1~3までの飛行区分は申請許可により実現しますが、国家資格は原則申請が要らないので、業務では申請が要らない二等無人航空機操縦士が優遇されます。申請のためには書類を作成して国土交通省にそれを提出する受理後に許可が下りて初めて飛ばせるため、このような手続きが不要なドローン資格の方が便利です。

ドローン資格に対応している4区分のレベルについて

民間のドローン資格を持つことで、飛行許可必要なエリアでドローンを操縦するための申請ができるようになるといいます。ドローンは免許不要といわれていますが、ドローン資格を持っていないと飛ばせる範囲が狭くなりがちです。そのため、独学で勉強したりドローンスクールに通ったりして民間資格を取得する人が多くなっています。さらに、2022年から国家資格制度が始まったことで、ドローン資格は民間と国家の2種類が存在しているわけですが、国家資格の場合はレベル4以外は申請が不要とされます。 無人航空機には4区分のレベルが用意されていて、国家資格でもある一等無人航空機操縦士は全レベル(1~4)までの飛行ができる、二等無人航空機操縦士は4以外の区分(1~3)で飛ばせるといった違いがあります。4区分の中で1~3までは民間資格でも申請すれば受理して貰えますが、レベル4は申請して受理して貰えるのは一等無人航空機操縦士のみです。