ドローンの国家資格の将来性!?ドローン資格について初心者にも分かりやすく解説

ドローン資格には、民間と国家資格の2つの種類があり、国家資格には一等および二等無人航空機操縦士の2種類があります。民間のドローン資格と二等の違いは飛行エリアでの申請の有無によるもので、一等と二等はレベル4飛行の許可による違いです。今後もドローンはさまざまな分野で活用されることが予測されていて、国家資格の将来性への期待も行われているといいます。特に、一等無人航空機操縦士が対応可能なレベル4で有人地帯での目視外飛行を可能にすることからも幅広い領域で活用されるなどの期待が高まっているようです。

ドローン資格は2022年に国家資格制度がスタート

国内では、2020年の後半からドローンを業務利用することを目標にし、法改正や資格など実用化に向けたルール変更が行われていました。将来的に、ドローンを使った仕事を検討するとき資格が必要になるのではないか、このように考える人も多いことでしょう。現時点ではドローン資格を持っていない人でも飛ばすことはできますが、特定エリアでの飛行の場合には申請を行って許可を得なければなりません。ドローン資格を持つことはこのような知識を持つ証にもなりますが、民間資格以外にも2022に国家資格制度がスタートしたことで、ドローン資格は国家と民間の2種類に分類されます。 ドローンの飛行区分はレベル1から4までの4つに分類されていますが、国家資格免許には一等無人航空機操縦士と二等無人航空機操縦士の2種類があり、一等は全レベルでの飛行が可能ですが二等は1~3までの範囲内になります。これは民間資格で共通していますが、民間の場合は都度飛行申請と許可が必要ですが二等無人航空機操縦士では基本的に申請が不要などの違いがあります。

ドローン資格は国家資格と民間資格の2種類に分類

従来、ドローン資格は民間資格のみでしたが2022年12月5日からドローン免許は国家資格制度がスタートしたため2種類に分類されました。民間のドローン資格はいろいろな企業が認定を行っているので種類がいくつかありますが、国家資格の場合は一等無人航空機操縦士と二等無人航空機操縦士の2つに分類されます。二つの違いはレベル4飛行に対応しているか否かで、二等はレベル1から3に対応しているのに対し一等は1~4全てに対応します。 レベル4は、有人地帯(第三者上空)での目視外飛行と呼ばれるもので従来は禁止区域になっていた場所でドローンを飛ばせる、このような特徴を持ちます。物資配送や投下、このような作業をドローンでも行うことができるといいますg、この場合一等のドローン資格が必須とされます。また、Level1~3に関しては民間のドローン資格でも受理されますが、Level4は特殊な領域でもあり多くの知識や高い技術を持つ証でもある一等無人航空機操縦士がなければ受理されません。

ドローン資格を持つことで空撮はもちろん配送・点検・農業散布などで活躍

ドローン資格には民間資格と国家資格の2つがありますが、いずれも現時点では必須ではなく無免許の人でもドローンを飛ばすことはできます。国家資格があることで、レベル4(第三者上空の有人地帯において補助者の配置なしでの目視外飛行)飛行で従来できなかった空撮や点検作業ができるようになる、申請が不要もしくは簡略化されるため飛行させやすくなるなどドローンの可能性が広がります。ドローン資格の中でも一等無人航空機操縦士は物資の配送や投下などの業務も実現するもので、レベル4はこの資格を持っていなければ飛行申請が受理されません。 レベル1~レベル3のエリアの場合は、全てのドローン資格で申請が可能ですが、民間資格では申請は必須になるものの一等もしくは二等無人航空機操縦士のドローン資格では原則申請は不要といわれています。なお、既に民間資格を保有している人でも、ドローンの国家資格対応コースを利用することで必要な講義の免除を受けられるなど有利です。

ドローン資格を持つことでより多くの場所や飛行方法の申請が受理されやすくなる

ドローン資格を持つことは、現代の技術とエアスペースの利用において非常に重要です。この資格を取得することで、より多くの場所でドローンを飛行させる方法や許可を得る際に、申請が受理される確率が高まります。 まず第一に航空法や安全規定に関する深い知識を習得する機会が得られます。これにより、飛行中の事故やトラブルを最小限に抑えるためのスキルを磨くことができます。航空機としてのルールや安全性に関する理解は、飛行場所や方法の申請において非常に役立ちます。 ドローン資格を持つことで、地元の航空当局や自治体との連絡を円滑にしやすくなります。正式な資格を持つことは、信頼性と責任感を示すものであり、許可を得るプロセスでプラスの評価を受けやすくなるでしょう。これにより、特定の場所での飛行許可や、制約のあるエリアでの飛行許可を取得しやすくなります。 さらにドローン資格を持つことは、ドローンパイロットとしてのキャリアの機会を広げることにもつながります。資格を持つことで、商業用途やプロジェクトにおいてより多くの選択肢が開かれ、収益を上げる機会を増やすことができます。 ドローン資格を持つことは、安全性、信頼性、キャリアの機会を向上させ、より多くの場所や飛行方法の申請が受理されやすくなる鍵となります。航空法を遵守し、専門的なスキルを持つことで、ドローン活用の可能性を最大限に引き出すことができます。